意外なナンパスポット 日比谷

ナンパ頑張ってますか〜〜?ナンパは数の論理です。どれだけアタックしたかに全てがかかっていると言っても良い。営業と一緒。どれだけ営業電話したか、ビルに訪問したか。こういう数の論理で結果が決まるわけです。

なのですが、場所も考慮するとより良い結果が得られます。

普通、ナンパというと新宿とか渋谷とか若者の街をイメージすると思いますが、こういうところは競合がたくさんいます。ナンパ師も多いし、スカウトとかも多い。声をかけられるということに女性は慣れてしまっているので、基本、みんな話を聞いてくれません。完全に無視してスルーされてしまいます。こういうところは確率が異常に低い。

ではどうすればよいかというとですね。それは、オフィス街を狙うことです!!これ重要です!テストに出ますよ!!

例えば、日比谷とか丸の内とか。新橋とか、そういうところ。

オフィス街で男性から声をかけられるってのは普通ないです。あるとしたら、マジの同僚だったり上司だったり、なんらかの理由があるわけで、話かければ普通に振り向いてもらえます。あれ、軽く会ったことのある過去の顧客だったかななんて思われたり。結構ちゃんと話を聞いてもらえる体制になるのです。

で、正直に、「お忙しいところすみません、あまりにタイプだったので声をかけてしまいました。もしよければお茶でもどうですか?」とか言って声をかけるのです。とはいえ、相手も予定があるかもしれません。そういうときは連絡先だけでも聞きましょう。できれば6時以降だと、帰るだけってことが多いので、予定がないことが多いですね。

あと、営業と営業の間の暇な時間も狙い目です。営業職は結構待ち時間が多いので。暇してるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です